HOME » 【特集】狛江VS○○エリアの住みやすさ比較 » VS目黒・大田

VS目黒・大田

目黒区&大田区vs狛江市の住みやすさを徹底比較。口コミを調査して、物価、アクセスの良さ、環境の違いなどまとめました。

狛江市の魅力を知ろう!

古民家

狛江市には、魅力的な自然や風景、伝統・文化に根ざした地域の行事、独自性を生かした活動などがたくさんあります。最近は、こまえ桜まつりが行われ多くの方がご来場されました。

他にも魅力的で有名なスポットなどをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

・史跡・古民家園がたくさん!
水にまつわる神がまつられている「水神社」や万葉集の一首が刻まれた「歌碑玉川碑(万葉歌碑)」や「狛江市立古民家園(むいから民家園)」があり、歴史に触れるには嬉しいポイントです。

・遊びスポットがたくさん!
これは子育て世帯にはとっても嬉しいポイントかと思います。どの公園も広々としていて子供が走り回っても心配なく遊ばせることができます。

四季の変化を味わうことができ、のびのび利用することができる「小足立のびのび公園」

昭和30年ごろ多摩川を渡る渡し舟が有名で今も風情のある空間「たまりや」

花つつじや池が美しく、ローラー滑り台などもあり丸一日遊べる「前原公園(とんぼ池公園)」

・自然がたくさん!
東京だと思えないくらい自然スポットが充実しています。狛江市のキャッチコピーは「私たちがつくる水と緑のまち」

都会の喧騒から少し離れてのんびり過ごすのにもオススメです。

岩戸川せせらぎ、五本松、多摩川、特別緑地保全地区(弁財天池等)、西河原自然公園、西野川せせらぎ、野川、野川緑地公園があります。

とても自然豊かで綺麗な緑と澄んだ空気に癒されますよ。

目黒区の魅力を知ろう!

桜

目黒区には、東横線沿線の中目黒、祐天寺、学芸大学、都立大学、自由が丘等、オシャレな街として紹介され、高級住宅街としても有名な地域が含まれています。

また、3月、4月の時期は、目黒川の桜も有名です。

目黒区は、比較的起伏の激しい地域もあり、坂道の多い場所でもあります。小さなお子さんやベビーカーを使用する場合は、不便な事もあるかもしれません。

・目黒の桜
目黒川では、約800本のソメイヨシノが約4Kmの川沿いの両岸に咲き乱れ、夜間もライトアップされとても華やかです。

さらに、花びらが散る頃、川はピンク色の花びらのじゅうたんになります。その他、駒場公園では、風情のある重要文化財旧前田家本邸のお屋敷と桜を眺める事が出来ます。

西郷隆盛の弟である西郷従道の屋敷跡の西郷山公園や豊後岡藩の下屋敷があった菅刈公園なども桜の名所です。

狛江市vs目黒区・大田区の住みやすさは?口コミを調査

芸能人も多く住む高級住宅地として知られるのが、目黒区や大田区ですね。目黒区は、渋谷のすぐ隣の駒場東大前駅から、中目黒、学芸大学、自由が丘あたりまで続きます。大田区は蒲田を中心に、田園調布から南には羽田空港もあります。

狛江市と比べると住み心地はどう違うのでしょう?目黒区、大田区にお住まいの方の口コミをピックアップしました。

『家賃は高いけど庶民派な店もアリ!』目黒駅在住Aさん

目黒は駅から白金方面が高級住宅地で、駅周辺は家賃が高いですが、反対側には庶民派なお店もたくさんあります。安く飲みたい時は商店街で、ちょっと贅沢をするならデパートでと使い分けられるのも便利。

日用品の買物には、車でちょっと行ったところの碑文谷のダイエーが安くて利用してます。電車は4車線使えるのがすごく便利ですが、朝は通勤で人が多いのはちょっと萎えます。

『男性の一人暮らしに最適なエリア』東急多摩川線蒲田在住Bさん

ザ下町といった面白い街で、安いラーメン屋や居酒屋に、服屋、カラオケ、ドンキホーテ、ダーツバーなどもあります。

京浜急行とJRがあるので都内や横浜方面にも出やすく、羽田空港までは京急で10分で行けるのが便利。夜遅くまで空いている飲食店も多いので、男性の一人暮らしには最適なエリアですよ。

総評!家賃対生活の質を考えると、狛江に軍配

目黒区は、都心に近いながらも、夜は静かで目黒川や公園などの散歩スポットも多く、人気エリアというのも頷けます。高級住宅地のわりにはスーパーや商店街も充実しているので、生活するにも不便はなさそうですね。

一方、大田区は田園調布などの高級住宅地をのぞくと、下町的な雰囲気のある昔ながらの町です。飲み屋や外人パブなども多く、場所によってはクセがあるので、事前に行って雰囲気を確認すると良いかもしれません。

私も過去に、目黒区や大田区は検討したんですが、やっぱり住むとなると狛江市かなと思います。都心へのアクセスの良さや自然環境、日用品の価格なども大差ないですが、物件は格段に安いので、生活の質を落とさずに、より良い家に住むことができます。

目黒や大田区と比べると、人口数も少ないので、人ゴミに悩まされることがないのもありがたいですね。住む場所は好みもありますし、住んでみないかぎり分からない部分も多いもの。皆さんも住みたい地域の不動産に行ってみて、まずは自分の目で雰囲気を体感されることをおすすめします!

トップへ

あなたにおすすめの
狛江市の不動産会社

狛江市の
不動産屋情報ナビ

狛江市の不動産会社
オールガイド

狛江市の
住環境まとめ

【特集】狛江VS○○エリア
の住みやすさ比較

手順をおさらい!
住宅購入の基礎知識

狛江市の住環境に関する
最新コラム

【免責事項】 このサイトで紹介している狛江市の不動産情報は、すべて個人が調査したものになります。詳しい情報につきましては、かならず各会社の公式HPをチェックしてください。 (H28年5月現在)