HOME » 【特集】狛江VS○○エリアの住みやすさ比較

【特集】狛江VS○○エリアの住みやすさ比較

東京のベッドタウンとして人気のエリア・狛江市と、世田谷、川崎、目黒・大田区の住みやすさを体験談で比較しました。各地域の特徴も紹介します。

住むならどこがベスト?狛江と人気都市3エリアの住みやすさを比較

物件探しをする以前に、重要になってくるのがどの地域に住むかということですよね。同じ東京近隣でも、緑豊かで子育てに良い町もあれば、スーパーや商店街が多く買い物に便利な町もあって、地域によってその個性はさまざまです。

狛江市は、治安が良く暮らしやすい町として人気ですが、近隣には同じく人気の世田谷、川崎、目黒、大田区などのエリアが連なっています。

そこで!ここでは各エリアに住んでいる方の体験談を調査して、狛江とどちらが住みやすいか比較しました。管理人の総評も紹介しているので、良かったらそちらも参考にしてみて下さい。

比較する狛江市はこんな町!

狛江市

  • 総人口:約8万人
  • 主要駅:狛江、和泉多摩川
  • 治安:★★★★★
  • 自然環境:★★★★★
  • 商業施設:★★☆☆☆
  • 娯楽:★★★★☆(映画館などはないけど、家族で遊べる自然公園やスポーツ施設が多い)

VS世田谷

  • 総人口:約83万人
  • 主要駅:成城学園前、下北沢、二子玉川、自由が丘、明大前など

東京23区の中では2番目に広く、閑静な住宅街として抜群の人気を集めるのが世田谷ですね。住むエリアによっては、カフェが多いオシャレなエリアと、商店街が多い昔ながらの住宅地と、大きく2つの雰囲気に分かれるようです。

やや自然が少ないのが気になるところですが、狛江市とはどちらが住みやすいのでしょうか?

世田谷の住み心地体験談をチェックする>>

VS川崎

  • 総人口:約142万人
  • 主要駅:川崎、武蔵小杉、溝の口、新百合ケ丘など

多摩川に沿うように位置する神奈川県の川崎市は、都心へのアクセスも良く、物価が安いので家族で住むのに便利な町です。自然が多く、子育てにも良さそうですが、治安が悪いとのウワサも…。

同じく多摩川沿いの狛江市と比べると、住み心地はどうなのか、市民の方の声を見ていきましょう。

川崎の住み心地体験談をチェックする>>

VS目黒・大田

  • 総人口:約94万人
  • 主要駅:中目黒、自由が丘、目黒、蒲田、田園調布など

目黒区や大田区は、芸能人が多く住む高級住宅地としても知られる町です。一部のエリアをのぞけば、下町的な雰囲気のところも多く、スーパーや商店街が多く生活しやすいとの声も。

公園の多さや閑静な点でも狛江と似ているところがありますが、実際に住むにはどちらが良いか検討してみました。

目黒・大田の住み心地体験談をチェックする>>

トップへ

あなたにおすすめの
狛江市の不動産会社

狛江市の
不動産屋情報ナビ

狛江市の不動産会社
オールガイド

狛江市の
住環境まとめ

【特集】狛江VS○○エリア
の住みやすさ比較

手順をおさらい!
住宅購入の基礎知識

【免責事項】 このサイトで紹介している狛江市の不動産情報は、すべて個人が調査したものになります。詳しい情報につきましては、かならず各会社の公式HPをチェックしてください。 (H28年5月現在)