HOME » 手順をおさらい!住宅購入の基礎知識 » 資金計画の立て方

資金計画の立て方

住宅購入に必要な資金計画の立て方を分かりやすくまとめました。家を買う際の初期費用の算出方法、安全なローンの組み方などをくわしく解説します。

住宅購入の資金計画その1:初期費用を算出する

家の購入は、普通の買物とは違い、最初に資金計画を立ててから物件探しを始めるのが理想と言われています。欲しい物件を見つけてから「支払えるかな?」と考えるのでなく、あらかじめ決めた範囲内の金額の家を探すのがスマートなんですね。

資金計画を立てるうえで、最初に知っておきたいのが初期費用です。家を購入する際は、次の費用が現金で必要になります。

  • 頭金:住宅価格の20~30%だと理想的
  • 諸費用:トータルで住宅価格の5~8%程度(登録免許税、司法書士等への報酬、ローン保証料、引越し代金など)

頭金はなくてもローンを組むことはできますが、後々の返済を楽にするには住宅価格の20~30%は用意しておくのがベストです。

また、見落としがちな諸費用には、自己名義の登記をする費用や、ローンを組むための保証料などがあり、購入住宅の条件によって住宅価格の5~8%が相場と言われています。

これを元に計算すると、初期費用に住宅価格の25%(頭金20%、諸費用5%)がかかった場合、『住宅価格×0.25』の計算式によって

  • 3,000万円の家を購入するのにかかる初期費用:750万円
  • 4,000万円の家を購入するのにかかる初期費用:1,000万円
  • 5,000万円の家を購入するのにかかる初期費用:1,250万円

と、それぞれ上記の費用が必要ということになります。あくまでも目安のひとつですが、都内の一等地に家が欲しい場合などは、2,500万円以上の初期費用がかかることも。早いうちから貯蓄をしたり、収入を上げる努力をすることも必要かもしれません。

その2:ローンの返済可能額から資金計画を立てる

初期費用がクリアできたら、次に後々のローンの返済にかかる費用も調べておきましょう。資金計画では、主に次の項目によって借り入れ総額(ローンで借りられるトータルの金額)を算出して、安全な購入プランを立てていきます。

  • 自分たちが毎月支払える返済額
  • ボーナス時の返済額
  • 返済年数の設定(25年か35年が多い)
  • 金利(金融機関によって異なる。頭金が多いと金利も低くなる)

これによって借り入れ総額が判明するので、金額内で購入できる物件を選べば安心です。

住宅ローンは、借りられる額を借りるのでなく、返せる金額から借りられる総額を算出するのが基本です。まずは自分たちが毎月いくらローンを支払えるか考えてみましょう。

一般的にはローンの年間返済額は、年収の25~40%以内が理想です。年収400万円の人であれば月々8~10万円ほどの返済額なら、無理なく返済ができると言われているんですね。

あくまでも一般的な基準なので、毎月の食費や光熱費、子供たちにかかる費用など計算したうえで、自分たちで無理のないローンの範囲を探っていくことが大切です。

月々の返済可能な金額が分かれば、金融機関に問い合わせたり、借り入れ額試算のシミュレーションサイトなどでも、借入総額の目安を知ることができます。

上記で紹介した3,000万円の物件を頭金20%で購入した場合を例にすると、実際には次のような資金計画ができます。

※年収400万円、ボーナス支払いなしの場合

  • 頭金:600万円(諸費用+150万円)
  • 月々の返済額:90,000円
  • 返済金利:2.8%
  • 返済年数:35年
  • 返済比率:27%

これによって、総額2,407万円の借り入れが可能に。3,000万円-頭金3,000万円×20%=2,400万円となるので、月々90,000円ほど返済ができれば安全な返済計画内で家を購入できることになります。

頭金を多くすれば、より返済金利を低くすることもできるので、貯蓄はできるかぎり多めにしておくのがおすすめですよ。

トップへ

あなたにおすすめの
狛江市の不動産会社

狛江市の
不動産屋情報ナビ

狛江市の不動産会社
オールガイド

狛江市の
住環境まとめ

【特集】狛江VS○○エリア
の住みやすさ比較

手順をおさらい!
住宅購入の基礎知識

【免責事項】 このサイトで紹介している狛江市の不動産情報は、すべて個人が調査したものになります。詳しい情報につきましては、かならず各会社の公式HPをチェックしてください。 (H28年5月現在)